You are currently viewing 50才以上はアメリカで帯状疱疹の予防接種を!

50才以上はアメリカで帯状疱疹の予防接種を!

健康ニュースレター Vol.02
50才以上はアメリカで帯状疱疹の予防接種を!
by 日本クリニック
日本クリニック 健康ニュースレター
帯状疱疹

現在日本クリニックでは、50才以上の患者さんを対象に、帯状疱疹の予防接種を行っています。そこで今回は、帯状疱疹、及びその予防接種の話です。

Q:帯状疱疹とはどんな病気ですか?

帯状疱疹とは、水ぶくれを伴う赤い発疹が帯状に出る皮膚疾患です。特徴は強い痛みを伴うことです。症状は通常3~4週間ほど続き、夜眠れないくらいの、強い痛みの場合もあります。また、顔や耳に出た場合は、顔面神経麻痺や難聴になることもある、厄介な病気です。

更に、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる痛みが残る場合もあり、強い痛みが1年以上続く例もあります。私自身、帯状疱疹で苦しむ患者さんを今まで多く診ています。

Q:帯状疱疹の原因は何ですか?

水疱瘡と同じヘルペスウイルスが原因ですが、過去に水疱瘡になっていても、年齢と共に免疫は弱まってしまうため、帯状疱疹を発症する可能性があります。また、水疱瘡や帯状疱疹が改善しても、ウイルス自体は消失するのではなく体内に残るので、疲れていたりして免疫力が落ちている際に、帯状疱疹を発症する事があります。

完全にウイルスを排除することは基本的にできないのが、帯状疱疹の厄介なところです。

Q:帯状疱疹になった際に大事なことは何でしょうか?

発症後72時間以内に内服薬の服用を開始しないと、あまり効果がないと言われています。ただ厄介なのが、帯状疱疹の特徴である赤い発疹が出現するのが、発症後2-3日かかる場合があるので、発疹が出てから受診しても内服薬開始72時間に間に合わない場合がある事です。赤い発疹が出る前の段階で、電気の様なピリピリする痛みが発生する事があるので、患者さんには「ピリピリする痛みが皮膚の表面あたりに出てきた、またそれが体の片側の場合は、発疹が出ていなくてもすぐ受診して内服薬を開始するのが大事です」といつも言っています。ちなみに、「片側だけ」というのが大きなポイントです。帯状疱疹は必ず体の右か左の片側だけに発生します。もし体の真ん中にまたがって痛みや発疹がある場合は、帯状疱疹ではありません。

帯状疱疹

Q:その厄介な帯状疱疹の対策はどうすればいいのでしょうか?

そこで、本日のテーマとなる帯状疱疹の予防接種が一番の対策となります。以前に帯状疱疹になった事がある方も再度発症する可能性があるわけですが、その発症予防にもなります。

2017年に新しく出た帯状疱疹ワクチン(商品名Shingrix)は、90%以上の感染予防効果があり、以前からある帯状疱疹ワクチンの50%前後の予防効果よりも、明らかに高くなっています。一般的な予防接種と同じ不活化ワクチンで、コロナで使用されるmRNAワクチンではありません。対象年齢は日米ともに50歳以上です。2~6ヶ月あけての計2回接種で、費用は日本では2回で2~3万円と安くありません。地域によっては少し補助金が出る場合もあります。

ですが、アメリカでは一般的な保険で費用がカバーされますので、是非アメリカにいる間に接種することをお勧めします。ただ、メディケアは残念ながらカバーされないので、300ドルほどかかってしまいます。

Q:帯状疱疹ワクチンに関しての注意事項はありますか?

副反応が強めに出る方が一部に認められます。倦怠感はおおよそ4割の患者さんに出るようですので、「接種後2~3日は無理のない予定を組んでおいた方がいいでしょう」と、患者さんにはいつも伝えています。また、注射部位の痛みや腫れが出る事も多いようです。

以上を踏まえた上、帯状疱疹の予防接種をご希望の方は、日本クリニックにご予約をお入れ下さい。

帯状疱疹

Writer’s Profile

日本クリニック
日本クリニック

関連記事

CATCH UP! COSMETICS

高級デパートまで、さまざまな商品が揃っています。 数ある中から、最強で魅力的なデオドラント製品をご紹介します。是非お試しください。 デオドラントは制汗効果も高く、香りを楽しむタイプのものが豊富なので、好みの香りで一日中フ […]

CATCH UP! COSMETICS

夏の強烈な紫外線ダメージで毛穴が弱ったまま、乾燥の季節を迎えるのは超危険!今回は男女共通の悩みである、毛穴トラブルの対処法について紹介します。 厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいできた今日この頃。夏の過酷な紫外線 […]

クスリのいろは

広いアメリカではアレルギーの季節も様々でしょうが、最近、鼻がむずむずして春を感じられている方はいらっしゃいませんか?症状も人それぞれ、薬も種類が多く、どの薬を選んだらいいか迷われる方も多いと思います。また、アメリカでは多 […]

魅せる女性の磨き方

少しずつ春の訪れを感じるようになりましたね。私は、春と秋には衣替えの様に”メイク替え“をするようにしています。 決めた時期にメイクも見直していかないと、一年中いつも同じ色やメイクアイテムになってしまい、顔だけが通年一緒の […]

CATCH UP! COSMETICS

近年、日本で話題となっている「化粧水不要論」。では、化粧水を使わないスキンケアとはどうやるのか? 何を使ったらいいのか? 今回はその方法や、化粧水に替わるアイテムをご紹介したいと思います。 近年、日本のSNSでは、インフ […]

こんにちは! Ellyです! パーティーシーズン真っ只中! お酒を楽しむ方も多いのではないでしょうか? しかし、お酒を飲みすぎると太る! と心配されている方も多いと思います。お酒は飲んだ翌日が大事! 翌日のケアを知ってお […]

おすすめ記事

それ!在米あるある

ウォルマートやターゲット、コストコやメイシーズなどの量販店に行くと、エントランスやレジ付近にカスタマーサービスがありますよね。特に、最も個人消費が伸びるホリデーシーズン後のカスタマーサービスは行列で溢れかえります。これ、 […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

歴史上の人物の顔を見て「イケメンだ」と思ったことはないでしょうか。現在の女性が格好いい男性に憧れるように、昔の女性も「イケメン」に熱狂しました。その「イケメン」が現実に世界を変えるような活躍をしていたら。憧れを超えて心酔 […]

スポートを物語る

by Jun 東京在住の52歳。ランニングを始めたのは25歳です。当時はヘビースモーカーで、「ランニングをして肺がゼエゼエ苦しくなったら、さすがに身体が『タバコをやめよう』と感じるのでは?」と思ったのがきっかけです。夜、 […]

新着記事

CATCH UP! COSMETICS

高級デパートまで、さまざまな商品が揃っています。 数ある中から、最強で魅力的なデオドラント製品をご紹介します。是非お試しください。 デオドラントは制汗効果も高く、香りを楽しむタイプのものが豊富なので、好みの香りで一日中フ […]

CATCH UP! COSMETICS

夏の強烈な紫外線ダメージで毛穴が弱ったまま、乾燥の季節を迎えるのは超危険!今回は男女共通の悩みである、毛穴トラブルの対処法について紹介します。 厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいできた今日この頃。夏の過酷な紫外線 […]

春光~さつまいも練り切り

みなさま、こんにちは。春の陽気がここちよいですね。昨年末「菓銘をもつ生菓子(練り切り)」が、文化庁「登録無形文化財」となりました。和菓子には、団子や羊羹という種類の名前のほかに、「菓銘」という「名前」が付けられているもの […]

あけましておめでとうございます。新年を晴々しい気持ちで迎えられたことと思います。本年もアメリカで楽しめる和菓子のレシピやエッセイをご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 お正月がすぎると寒の入り。 […]

みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。11月、霜月となりました。今年も残すところわずかですね。日に日に寒暖の差も激しくなってきますので、今号では温かい和風スフレのレシピをご紹介します。スフレは17世紀のフランスで […]

みなさま、こんにちは。まだ暑さの残る日もありますが、少しずつ秋を感じるようになりましたね。和菓子も葛や寒天を使ったものは終わり、秋のものが並びはじめます。秋の花は数ありますが、この時期、一番使われるのはやはり「菊」でしょ […]

冷やし抹茶しるこ

みなさま、こんにちは。七月に入り、本格的な夏の到来を感じますね。大気は蒸し暑く、大地が潤う夏。こんな汗ばむ陽気には、冷たいお茶とデザートが恋しくなりますね。今号では、のどをひんやり潤わす「冷やし抹茶しるこ」のレシピをご紹 […]

みなさま、こんにちは。風薫る五月、新緑が美しく、心地よい季節となりました。Q TiMEでは和菓子のレシピと、和菓子にまつわる話のコラムを交互でご紹介させていただきますが、今号では銘菓八ッ橋と五月の花「カキツバタ」のコラム […]