You are currently viewing <span class='new-txt'> NEW!</span>ハッピーバースデーを歌ったら著作権違反?

NEW!ハッピーバースデーを歌ったら著作権違反?

世界史雑談 ヒストリーサイドトリップ Vol.02
NEW!ハッピーバースデーを歌ったら著作権違反?
by 尾登 雄平
世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

誕生日には必ず「♪ハッピーバースデー トゥーユー」で始まる歌を歌います。アメリカや日本だけでなく、割とどこの国でも歌われる、大変に普及した曲です。しかしこの歌は2015年までワーナー・ミュージック社に著作権があったのをご存じでしょうか。

もともとは幼稚園の「朝のご挨拶」の歌

元となった曲は、1893年にアメリカ、ケンタッキー州ルイビルで幼稚園を経営していたパティー・ヒルとミルドレッド・ヒルの姉妹が作った“Good Morning to All”という曲です。

Good morning to you,
good morning to you.
Good morning, dear children.
Good morning to all.

ヒル姉妹はこの曲を園児たちの朝の「おはようございます」の曲として作りました。その後園内で“Good Morning”を“Happy Birthday”に替えた替え歌が歌われ、家庭や他の幼稚園でも歌われるようになり、歌集にも掲載されました。

著作会社のドル箱に

1935年、歌に著作者名が書かれていないことに目をつけたサミー・カンパニーという会社が、プレストン・オレムとR.R.フォルマン夫人という人物二名を著作者として登録をし、著作料を取るようになりました。徴収の対象はビジネスにおいて使われた場合。例えば、レストランが客にケーキを出して歌う場合や、スーパーマーケットがBGMとして流す場合などです。1988年、サミー・カンパニーは大手レコード会社ワーナー・ミュージック社に2500万ドル(約32億円)で買収されました。当時“Happy Birthdayto You”は年間200万ドル(約2.5億円)の著作権料があり、そのすべてがワーナー・ミュージック社の収入となりました。まさにドル箱です。

著作権は有効かの裁判

ワーナー・ミュージック社は、初めて“Happy Birthday to You”が著作権登録されたのは1935年であるため、権利は2030年まで有効であると主張しました。音楽などの著作は95年間著作権が保護されるという「ソニー・ボノ著作権法」に則った主張です。

ワーナー・ミュージック社は”HappyBirthday to You”を公共の場で流したり、公演で歌ったりする場合は著作権料が発生し、支払わないのは違法だと主張しました。2010年には“Happy Birthday to You”を歌ったがために700ドルの支払いを命じられたケースもありました。

しかし、もはやパブリック・ドメインとも言える歌に著作権などあるのか? そもそも曲の著作者はヒル姉妹であって、1893年頃に出来た曲だからワーナー・ミュージック社が著作権を買い取った時点で権利は既に失効しているのではないか? など議論が噴出するようになりました。

アメリカの法律学者ロバート・ブラウニーズはこの問題を検証し、ワーナー・ミュージック社の著作権権利の主張は誤りと主張しました。これに対し、ワーナー・ミュージック社は名誉毀損や業務妨害を主張しロバートを相手どって裁判所に訴えました。

2015年9月、連邦裁判所はワーナー・ミュージック社の主張を無効であると宣言。ワーナー・ミュージック社が保有する著作権は特定のアレンジのみであり、歌詞やメロディーの著作権は既に失効しているとの判決を下しました。こうして“Happy Birthday to You”はパブリック・ドメインとなり、誰でも好きなように歌える歌となったのでした。

Writer’s Profile

尾登 雄平
尾登 雄平
ブログ「歴ログ-世界史関連ブログ-」や、YouTubeでの活動を中心に、面白い世界史のネタを集める。2022年11月、新著「働き方改革の人類史」(イースト・プレス)発売。

関連記事

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

エジソンやベルのような技術者たちが現代のテクノロジー社会を作ってきたように、食に生涯を捧げた料理人たちによる探求が現代の食文化を作ってきました。食の歴史に名を残す有名シェフたちを紹介します。 ルネサンス料理の代表的シェフ […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

おせち料理の数の子が縁起物とされるように、かつて子どもは多ければ多いほど良いとされ、多産は幸福の象徴とみなされました。歴史上には、子どもを考えられないほどたくさん儲けた国王たちがいます。 チンギス・カンの推定子ども人数は […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

誕生日には必ず「♪ハッピーバースデー トゥーユー」で始まる歌を歌います。アメリカや日本だけでなく、割とどこの国でも歌われる、大変に普及した曲です。しかしこの歌は2015年までワーナー・ミュージック社に著作権があったのをご […]

次のそれぞれの組に反対のことばを補って慣用句を完成させなさい。 ただし、□や〇の数は、入ることばの文字数を表します。 1 頭が□□□ 腕が〇〇〇 2 腰が□□□ 鼻が〇〇〇 3 心が□□□ 歯が〇〇 4 耳に□□□ あご …

皆さん、お正月はお子さんと書き初めをしましたか? 先日息子の通う補習校で書き初め大会がありました。様子を見ていると、子ども達は初めての習字でワクワクしています。一方、親はせっかくの習字のチャンスだからと気合が入り、「そこ […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

歴史上の人物の顔を見て「イケメンだ」と思ったことはないでしょうか。現在の女性が格好いい男性に憧れるように、昔の女性も「イケメン」に熱狂しました。その「イケメン」が現実に世界を変えるような活躍をしていたら。憧れを超えて心酔 […]

今回は、海城中学の入試から図形問題の出題です。中学入試問題ですが、中学生にもぜひ解いてもらいたい問題です。 [問題] 次の図において、三角形CEFの面積は何㎠ですか。 答えはこちら キケロのつぶやき たまねぎ 日ごろ私た […]

【問題】下の図は東京の市場に届くキュウリの月別・産地別の入荷実績を示したものです。図中のA~Cにあてはまる県名の組み合わせとして正しいものを選びなさい。 (麻布中2021) 答えはこちら キケロのつぶやき ワールドカップ […]

今回は文章から正誤を考える問題です。カリタス女子中学校の過去の入試問題になります。 【問題】Aさん,Bさん,Cさん,Dさんの4人がそれぞれある整数をほかの人にはわからないように選び、その整数について次のように言いました。 […]

1~13の数字が1つずつ書かれたカードがそれぞれ4枚ずつ,合計52枚あります。26人のクラスで,1人に2枚ずつカードを配り,2枚のカードの合計を点数としました。(1) 合計点のうち,最も低い点数は何点ですか。(2) 合計 […]

答えはこちら キケロのつぶやき 自転車のブレーキについて アメリカの自転車に乗る時、いつも気になることですが、なぜ日本の自転車とブレーキが逆なのかという事です。日本は右手ブレーキがフロント、左手ブレーキがリアになっていて […]

おすすめ記事

ウォルマートやターゲット、コストコやメイシーズなどの量販店に行くと、エントランスやレジ付近にカスタマーサービスがありますよね。特に、最も個人消費が伸びるホリデーシーズン後のカスタマーサービスは行列で溢れかえります。これ、 […]

スポートを物語る

by Jun 東京在住の52歳。ランニングを始めたのは25歳です。当時はヘビースモーカーで、「ランニングをして肺がゼエゼエ苦しくなったら、さすがに身体が『タバコをやめよう』と感じるのでは?」と思ったのがきっかけです。夜、 […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

歴史上の人物の顔を見て「イケメンだ」と思ったことはないでしょうか。現在の女性が格好いい男性に憧れるように、昔の女性も「イケメン」に熱狂しました。その「イケメン」が現実に世界を変えるような活躍をしていたら。憧れを超えて心酔 […]

新着記事

お笑い芸人パックンのめっちゃポジティブになれるお悩み相談室

日本で友達を作るのはむずかしい!? パックンさん、こんにちは。東京在住7年目のアメリカ人です。日本では友達が作りにくいと感じています。日本語はそれなりに喋れますし、日本人と一緒に仕事もしますが、彼らは自分を「外国人扱い」 […]

CATCH UP! COSMETICS

高級デパートまで、さまざまな商品が揃っています。 数ある中から、最強で魅力的なデオドラント製品をご紹介します。是非お試しください。 デオドラントは制汗効果も高く、香りを楽しむタイプのものが豊富なので、好みの香りで一日中フ […]

CATCH UP! COSMETICS

夏の強烈な紫外線ダメージで毛穴が弱ったまま、乾燥の季節を迎えるのは超危険!今回は男女共通の悩みである、毛穴トラブルの対処法について紹介します。 厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいできた今日この頃。夏の過酷な紫外線 […]

春光~さつまいも練り切り

みなさま、こんにちは。春の陽気がここちよいですね。昨年末「菓銘をもつ生菓子(練り切り)」が、文化庁「登録無形文化財」となりました。和菓子には、団子や羊羹という種類の名前のほかに、「菓銘」という「名前」が付けられているもの […]

あけましておめでとうございます。新年を晴々しい気持ちで迎えられたことと思います。本年もアメリカで楽しめる和菓子のレシピやエッセイをご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 お正月がすぎると寒の入り。 […]

みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。11月、霜月となりました。今年も残すところわずかですね。日に日に寒暖の差も激しくなってきますので、今号では温かい和風スフレのレシピをご紹介します。スフレは17世紀のフランスで […]

みなさま、こんにちは。まだ暑さの残る日もありますが、少しずつ秋を感じるようになりましたね。和菓子も葛や寒天を使ったものは終わり、秋のものが並びはじめます。秋の花は数ありますが、この時期、一番使われるのはやはり「菊」でしょ […]

冷やし抹茶しるこ

みなさま、こんにちは。七月に入り、本格的な夏の到来を感じますね。大気は蒸し暑く、大地が潤う夏。こんな汗ばむ陽気には、冷たいお茶とデザートが恋しくなりますね。今号では、のどをひんやり潤わす「冷やし抹茶しるこ」のレシピをご紹 […]

尾登 雄平

ブログ「歴ログ-世界史関連ブログ-」や、YouTubeでの活動を中心に、面白い世界史のネタを集める。2022年11月、新著「働き方改革の人類史」(イースト・プレス)発売。