You are currently viewing 大胆すぎる詐欺師とその手口

大胆すぎる詐欺師とその手口

世界史雑談 ヒストリーサイドトリップ Vol.05
大胆すぎる詐欺師とその手口
by 尾登 雄平
世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

いつの時代、どこの場所にも、規模の大小問わず詐欺師はいるものです。達者な口でカネを集めてドロンしたり、美貌を活かして相手を虜にしてカネを奪ったり。高齢者から金を騙し取る「オレオレ詐欺」も、これだけ認知されているのにまだ健在です。

今回は歴史に名を遺す詐欺師の巧妙な手口を紹介します。

エッフェル塔を売った ヴィクトール・ルースティヒ

1925年、新聞で「エッフェル塔が老朽化し、政府が対応に苦慮している」というニュースを見たチェコ人、ヴィクトール・ルースティヒは金儲けのアイデアを思いつきました。

彼は政府関係者を装って、スクラップ会社5社を呼んで打ち合わせでこう言います。

「パリ市当局はエッフェル塔の解体を既に内々で決定した。ついてはスクラップを引き取ってくれる業者を探している。計画は漏らさず内々にすべし」。

ルースティヒは、商談に積極的なポアソンという男をターゲットに話を進め、落札するにあたっての賄賂を要求。ポアソンは落札のために賄賂を渡しますが、すぐにルースティヒはフランスから逃亡。騙されたと分かっても、ポアソンは賄賂を渡した手前、警察に届け出ることができずに泣き寝入りをしたのでした。

公式印刷所で偽札を刷った アルヴェル・レイス

ポルトガル人のアルヴェル・レイスは、植民地アンゴラで大胆な詐欺計画を実行しました。それは公式印刷所で偽札作りを行うというものです。

「アンゴラ救済のための紙幣増刷計画」と偽りの計画をぶちあげ、架空の政府直属機関を立ち上げました。そして偽の契約書を作り、実業家に協力を依頼します。マランという人物がこの計画に騙され、ポルトガル政府公式の紙幣印刷所であるロンドンの「ウォーターロー商会」と交渉し、約20万枚の紙幣を刷らせることに成功しました。これは現在の日本円に換算すると、5,000億円にも及びます。

しかし紙幣に刷られる固有番号の組み合わせの誤りに気づいた地方銀行員の告発から犯行が発覚し、レイス含め関わった人物は全員逮捕されました。

ありもしない抗争でカネを得たテレザ・ハンベール

テレザ・ハンベールはアメリカで「架空法廷」によって多額のカネを得た詐欺師として知られます。彼女の手口は非常に手が込んでいました。

彼女はアメリカの大富豪「ヘンリー・クロフォード」という架空の人物を作り出し、莫大な遺産を相続する予定と周囲に触れ込みます。次に、クロフォードの甥と名乗る2人の男(もちろんテレザの指示で動く人物)がテレザを訴え、財産争いを法廷に持ち込みます。そして「この法廷に勝ったら莫大なカネが手に入る」として銀行から多額の融資を受けたのです。

テレザはこの架空法廷を20年にも渡って演じ続け、その間も銀行からカネを得続けました。裕福になったテレザは、さらなる富を求めて保険会社を立ち上げ資金を集めました。しかしこの保険会社の経営の怪しさに疑問を持ったジャーナリストの調査によって真実が明らかになり、テレザは逮捕されました。

Writer’s Profile

尾登 雄平
尾登 雄平
ブログ「歴ログ-世界史関連ブログ-」や、YouTubeでの活動を中心に、面白い世界史のネタを集める。2022年11月、新著「働き方改革の人類史」(イースト・プレス)発売。

関連記事

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

現在日本では、ファッションや音楽、料理など、昭和レトロのカルチャーが流行っています。同様に、ネクタイもお父さんが締めていたようなクラシックなデザインがトレンドだそうです。そもそも、ネクタイにはどういう歴史があるのでしょう […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

新型コロナウイルスは2023年現在、かつてのような深刻な脅威ではなくなっています。その理由の一つには、迅速なワクチンの開発があります。かつて多くの命を奪った病気を、ワクチンによって撲滅させた偉大な医学者を紹介します。 「 […]

次の四字熟語の構成はどのようになっていますか? 後ろのア~エから選んでください。 1.我田引水2.花鳥風月3.悪戦苦闘4.前代未聞5.針小棒大6.晴耕雨読7.喜怒哀楽8.厚顔無恥 ア 意味の似た二字の熟語二組を重ねたもの […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

観光客が多く訪れる有名建築物の中には、本来の目的とは別の役割を担っていたことがあります。今では使われなくなって忘れ去られた機能をご紹介します。 エッフェル塔 = 科学実験場 エッフェル塔の頂上には、設計者ギュスターヴ・エ […]

「今日こそは子どもを勇気づけよう、イライラしないでいよう。」そう思っていても、急いで学校に行きたいのに玄関先で子どもがグズったり、疲れている上に限られた時間でバタバタしている夕方には、イライラママに大変身。アドラーで学ん […]

英語のなぞなぞです。「あ、知ってる」というものもあるかもしれませんし、「言われてみれば」となるものもありそうですね。お楽しみください。 (1) I grow down as I grow up. What …

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

「コーラと人気を二分する」とまでは言い過ぎですが、ドクターペッパーには熱狂的なファンが多くいます。アメリカ・テキサス発のこの人気炭酸飲料の歴史を見ていきましょう。 ドラッグストアの薬剤師が発明した ドクターペッパーが誕生 […]

小学校高学年から中学生になると、親よりも友達との関係が強くなる時ですね。 一生懸命勉強しているのに成績が伸びない、友達からの「可愛くないよね! あなたの目は小さい」と何気ない一言に傷つく、仲間に入れないなど・・。子どもが […]

略語(日本語・外来語) 日本人は長い日本語を短くするだけでなく、外国語をカタカナに置きかえた外来語まで短縮してしまいます。次の略語は本来どのような言葉か考えてみましょう。2つが組み合わさったものもあります。 1 労組 2 […]

答えはこちら キケロのつぶやき アメリカでは . . . 5月も半ばになると、すぐそこまで来ている夏休みに胸をときめかせている人もいれば、夏休みなど遠い先のことだと感じている人もいるかもしれません。 と言っても、なにも「 […]

何か言ってもなかなか聞いてくれない。そんなことないですか? 「使ったものは片付けて」「物を出しっぱなしにしないで」そんな日常的なことだけれども、毎回毎回言っていると親の方が疲れてしまうし、なんでわからないのだろう…と思う […]

おすすめ記事

漁師という生き方

九州南部のとある漁師町。県全体の7割もの漁獲量を誇り、天然の良港に恵まれた町がある。最寄りの駅からは、峠を越えて、くねくねしたリアス式海岸沿いの道を車で走らせること30分。穏やかな海に囲まれた漁港のそばで、何隻もの漁船が […]

お笑い芸人パックンのめっちゃポジティブになれるお悩み相談室

海外で暮らすと空気が読めなくなる…!? パックンに相談です。先日、5年間のアメリカ生活を終えて日本に帰国したのですが、海外生活が長かったせいか日本人特有の「空気を読む」ことが難しくなっています。会食中に「最後の一個残し」 […]

まるごとレモンでビタミンチャージ! ビタミンCの代表選手とも言えるレモン。レモンの爽やかな酸味と香りは、お料理を引き立たせてくれるだけでなく、風邪の予防など健康に嬉しい栄養素も含まれています。レモンは色々なお料理に使える […]

私は、所属しているU.S. armyからの辞令で、テキサスにある基地に転勤となり、2020年に3年の予定でコロラド州のデンバーからテキサス州コーパスクリスティに越してきました。コーパスクリスティはテキサス州で8番目の都市 […]

スポートを物語る

by サイラス・リュウイチ・トラン サッカーは、多くの人に開かれたスポーツです。私は、プロサッカーチームのないハワイで生まれ育ちましたが、幼少の頃からボールを必死に追いかけて、プロサッカー選手になる夢を叶えました。そして […]

新着記事

日本ではオレオレ詐欺などに代表される、電話を使った詐欺。アメリカにもいっぱいあります。むしろ頻度は米国の方が酷いかも?引っ越してきたばかりの頃は、状況が理解できず詐欺の被害に遭ってしまう方もいらっしゃるので注意が必要です […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

現在日本では、ファッションや音楽、料理など、昭和レトロのカルチャーが流行っています。同様に、ネクタイもお父さんが締めていたようなクラシックなデザインがトレンドだそうです。そもそも、ネクタイにはどういう歴史があるのでしょう […]

初代タイガーマスク 佐山サトルが明かす秘話

世間との温度差 当時、いきなりスターになってどういう気持ちですか、とよく聞かれましたが、誰も私の身の上は知りませんでした。 慣れというのは恐ろしいもので、若干二十三歳であっても、三年間の海外修行を、ベビーフェイスでメイン […]

石田純一 1954年東京都生まれ。1972年NHKドラマでデビュー。80年代には、数々のトレンディードラマに出演し、絶大な人気を得る。ドラマや舞台、映画など多方面で活躍。2021年に始めたYouTubeチャンネル「じゅん […]

by ルーバル朋子 スペインの宣教師がカリフォルニアで最初のミッションを建てたことから、サンディエゴのオールドタウンはカリフォルニア生誕の地と呼ばれていることをご存知ですか? ミッションはカリフォルニアに21ヶ所建てられ […]

漁師という生き方

60歳をこえると、少しの風邪が平気で長引くようになる。発熱と咳、なかなか治らんなぁと思っていたら軽い肺炎だった。少し体調が良くなったかと思えば、今度は集中豪雨。海がしけては漁に出られない。体調と天候の悪化がかぶると、漁師 […]

女子神職として初めての祭事で失態を犯してしまった私は、当日はさすがに落ち込んだものの、そこから心身ともに逞しく成長していった。ある意味初めに失敗したことで、もう恐れるものは何も無いという気持ちになったのだ。 そのうち祈祷 […]

クスリのいろは

目薬 目薬を使う理由は、①目の病気で定期的に②アレルギーなどのかゆみに③コンタクトなどドライアイに④疲れ目に、などではないでしょうか。カナダの山火事の影響で、中西部~東部では空気が悪い状態が続いていると聞きました。例年の […]

スポートを物語る

by Satsuki 仕事を辞めて駐在妻になる! そう決めたのは私自身なのに・・・ だんだん失っていく自信と自分に対するアイデンティティ。 これから先、私の人生はどうなるんだろう。 不安に押しつぶされそうになっていたのは […]

世界史雑談(ヒストリー サイド トリップ)

新型コロナウイルスは2023年現在、かつてのような深刻な脅威ではなくなっています。その理由の一つには、迅速なワクチンの開発があります。かつて多くの命を奪った病気を、ワクチンによって撲滅させた偉大な医学者を紹介します。 「 […]

尾登 雄平

ブログ「歴ログ-世界史関連ブログ-」や、YouTubeでの活動を中心に、面白い世界史のネタを集める。2022年11月、新著「働き方改革の人類史」(イースト・プレス)発売。